XMindとWorkFlowlyの操作マニュアル的なもの

自分が担当する授業にて,レポート執筆やプレゼン作成のために必要なアイデア出しとアウトライン作成をPCやモバイル機器でやっていくため,必要なアプリ(Webサービス)の使い方を,メモしていきます.つまり最低限の操作に必要なマニュアル代わりです.


XMindの使い方

  • 公式サイト(日本語版)https://jp.xmind.net
    • ここからWindows版およびMacOS版のアプリをダウンロード可能
    • 有料版(Plus/Pro)は購入するとさらに便利だがまずは無料版から始めよう
    • 新規にマップを作成する段階で,Windows版では「テンプレート」の中から「ブランク(空)」を選択.またMacOS版では「ブランク(空)」と「テンプレート」のいずれかから選ぶが,まずは「ブランク(空)」の中から「マップ」を選択
  • 最初のうちは「主トピック」と「サブトピック」の関係に注意
    1. 「親子」関係と「兄弟」関係
      • 水平方向(X軸方向)の関係が「親子
      • 垂直方向(Y軸方向)の関係が「兄弟
      • 「中心トピック」が一番エライ(全てのトピックの「ご先祖様」と思っておく)
    2. トピックの増やし方(マウス/キーボードからの操作,Win/MacOS共通)
      • マウスの「右クリック」から「挿入」→「トピック」または「サブトピック」を選択
      • キーボードから操作では,トピックを増やすには「Enter」キーを,サブトピックを増やすには「Tab」キーを押す
    3. まずは「中心トピック」から「主トピック」をいくつか増やしてみる
      • 次に「主トピック」から「サブトピック」を増やす
        • さらに「親」となるサブトピックから見て「子」となるサブトピックを増やしていく
        • 適宜,「兄弟」となるサブトピックも増やしていく
    4. 以下,「主トピック」を増やしつつ,それぞれの「主トピック」での「親子」と「兄弟」を増やす(これを「ブランチ」という)
  • 異なる「親子」関係(異なる「ブランチ」)にあるトピック同士を接続する.これでトピック同士を「関連」付けることが可能
    • (Win/MacOS共通)やり方は元になるトピックを選び,マウスの「右クリック」から「挿入」→「関連」を選択
    • 元トピックから線が伸びるので,関連付けたいトピックを選択する
  • ここまでで最低限の使い方マニュアルはお終い.もっといろいろ使い方を覚えたいならば検索する →「https://www.google.co.jp/#q=XMind+使い方

WorkFlowlyの使い方

※作成中※