情報検索のやり方(リンク集)

1.ちょっとしたコツ(Tips)

Google検索を使うコツ
「ウェブ検索 ヘルプセンターへようこそ」にある「検索結果をフィルタリングして絞り込む」をよく読みましょう.特に「特定の語句を除外する」「サイト内またはドメイン内を検索する」「OR検索」あたりを使いこなせると,使い勝手が段違いに変わってきます.あえて「検索オプション」のページで検索してみるのもオススメです.詳しくはコチラ

2.文献を探す(本や論文を探す)

大学図書館に所蔵されている資料(KG向け)
大学図書館に所蔵されている図書や雑誌などの資料を検索できます.図書についてはこの画面にある「OPAC」から検索するとよいでしょう.OPACでは上ヶ原および三田キャンパス両方の図書館の蔵書を一度に検索することもできます.
また,大学図書館が購入・契約しているさまざまなデータベースの利用もこちらからできます.
CiNii Books 大学図書館の本を探す
国立情報学研究所が提供しているWebサービスです.関学以外の大学図書館も範囲を広げて本を探すことができます.
連想検索(Webcat Plus)
キーとなる文章から関連する複数の書籍を検索できます.検索結果からさらに続けて書籍を探すことも可能です.国立情報学研究所が提供しているWebサービスです.
新書マップ
さまざまなテーマで新書を探すことができます.キーとなる単語や文章を入力して検索します.NPO法人連想出版が運営するWebサービスです.→ あらかじめ FlashPlayer(ver.6.0以上)をインストールしておく必要があります。
CiNii Articles 日本の論文を探す
国立情報学研究所が提供しているWebサービスです.日本語で書かれた論文を探すには,まずはココから.

3.統計データを探す

社会実情データ図録
本川(ほんかわ)裕氏が作成,運営するサイト.主に日本の社会に関する様々な統計データを紹介,分析しています.書くテーマが決まったら/決まる前にこのサイトで関連するデータがないか探してみてはどうでしょう.
通信利用動向調査(世帯編)
総務省が毎年実施している調査.ICT関係のレポート・論文を書くまえに一度眺めてみる価値は大いにあります.
政府の各府省が発行する白書・年次報告書を読む
あるテーマについて,統計情報にもとづいた概説的に全体像を把握したい場合は,そのテーマに関連した官公庁が発行する白書や年次報告書を読んでみましょう.リンク先のWebサイトから各府省が発行する白書などを読むことができます.
個別行政分野データベース
政府の各府省が発行するさまざまな資料にアクセスすることができます.白書や年次報告書よりも最新の情報,より細かい情報を探すことができるでしょう.

4.企業やシンクタンクが発行するレポートなど

メディアイノベーション・ラボ:インサイトメモ
電通総研がメディアの「受け手」を対象に実施した各種調査の結果を読みやすくまとめたものです.2013年10月現在,31本のメモを読むことができます(2019年4月25日追記:このリンクは現在無効です.こちらの記事が2019年4月1日現在,最新のものです.またこの記事からバックナンバーを読むことができます).
生活総研ONLINE
博報堂生活総合研究所が実施した調査の結果をまとめた各種レポートを読むことができます.
ベネッセ教育総合研究所
小中高から大学までの教育に関して実施された,幅広い調査研究の成果を読むことができます.