第3回:主題文を作ろう

フォーラム 【KG】コンピュータ実践「文書作成」 第3回:主題文を作ろう

  • このトピックには74件の返信、31人の参加者があり、最後に授業用により6年、 1ヶ月前に更新されました。
32件の返信スレッドを表示中
  • 投稿者
    投稿
    • #1742
      u-labo
      キーマスター
      最初の主題文
      • 主題 論点とする内容: が問題となっている.
      • 根拠 主張の裏付け: という.
      • 主張 自分の意見: と主張する.

      決定版の主題文
      • 主題 論点とする内容 が問題となっている.
      • 根拠 主張の裏付け という(なので).
      • 主張 自分の意見 と主張する(べきだ/である).
      • 論拠 根拠が主張の裏付けとなる理由:なぜならば ○○○○ だからだ.
    • #1841
      授業用
      参加者

      村田光莉

      《主張》
      様々な経験をして豊かな大学生活を過ごすべきである
      《根拠》
      “人生の夏休み”とも言われるほど自由に使える時間がたくさんあるので
      《論拠》
      なぜなら、豊かな大学生活を送り自己の経験値を高めることで、最終的な課題である就職活動へも活かせるから

      《主題文》
       一般的に、大学時代は自由に使える時間がたくさんあるという点で、“人生の夏休み”と言われている。この自由な時間というものを決して無駄にせず、サークル活動やアルバイト、旅行などいろいろな経験に費やすことが大切である。なぜならば、豊かな大学生活を送り自己の経験値を高めることで、最終的な課題である就職活動へも活かせるからだ。だから様々な経験をして豊かな大学生活を過ごすべきだと主張する。

      • この返信は6年、 2ヶ月前に授業用が編集しました。
      • この返信は6年、 2ヶ月前に授業用が編集しました。
      • #1909
        授業用
        参加者

        村田さん
        SAの平田です。
        主題文作成おつかれさまです。

        三角ロジックはおそらく理解されているのだろうと思われます。根拠と論拠の違いも明確になっていますので、今の段階ではOKだといえるでしょう。

        これからは「自由に使える時間」の具体的なデータや、本当に就職活動で活かせているのかを様々な視点から検証してみましょう!

        • この返信は6年、 1ヶ月前に授業用が編集しました。
    • #1843
      授業用
      参加者

      中谷 有香子

      ・「主題」平凡にいつもどおり何も考えず大学生活を過ごす大学生が多いことが問題となっている。
      ・「根拠」大学生だからこそ、自由に使える時間がたくさんあり、有効活用することによって自分をより成長させられる機会に繋がるという
      ・「主張」時間を大学生のときしか使えないやり方で有効活用して自分の将来につなげるべきである。
      ・「論拠」なぜならば、高校までは決められた時間割や制約がたくさんある、そして、社会人は会社に1日中縛られる時間がほとんどであるから留学、サークル、遊び、バイトや好きなことなどに費やして自分の成長に繋がる時間を中々作れないから。

      《主題文》
      平凡にいつもどおり何も考えず大学生活を過ごす大学生が多いことが問題となっている。せっかく大学生であるのにもかかわらず、自由気ままに過ごしていても意味がない。大学生だからこそ、そのように自由に使える時間がたくさんある上で、それを有効活用することによって自分をより成長させられる機会にできるということから、私は大学生のときしか使えないやり方で時間を有効活用して自分の将来につなげるべきである、と考える。なぜならば、高校までは決められた時間割や制約がたくさんある、そして、社会人は会社に1日中縛られる時間がほとんどであるから留学、サークル、遊び、バイトや好きなことなどに費やして自分の成長に繋がる時間を中々作れないからだ。

      • #1911
        授業用
        参加者

        中谷さん
        SAの平田です。主題文作成お疲れ様でした。

        内容としては論理的かつ分かりやすいのですが、少し根拠と論拠を混同してしまっている感じがあります。
        根拠はあくまで客観的事実や具体的な数字が当てはまります。大学生には自由な時間がたくさんあることや、逆に高校生や社会人にはあまり時間がないことなど。
        その根拠から、時間を有効活用して将来に繋げるべきだという主張をします。そして、なぜ有効活用すべきか、ということに対する理由(ここでは成長できる機会に繋がる)を論拠に書いていくとOKです。

        少しややこしく書いたので、分かりにくければお気軽に授業の際に私に尋ねてみてください!

    • #1844
      授業用
      参加者

      ・主題:理想の大学生活を計画的に過ごせているか

      ・根拠:人としての処理能力の上昇

      ・主張:勉学とスポーツの両立、すなわち文武両道

      ・論拠:社会に出て様々なことを同時進行するための能力、または基礎体力

      • #1893
        授業用
        参加者

        山本 憲央
         理想の大学生活を送るにあたって計画的にすごしている学生がどれほどいるかが問題になっている。やはり、大学に通っているからには様々なことを学び、人としての処理能力の上昇が最低限必要になると考えるので、勉学と何か別のことを両立することが非常に有効な手段だと、主張する。なぜならば、同時進行することにより、計画的に行動する能力がつき、それに伴う基礎体力も備わるからである。

        • #1912
          授業用
          参加者

          山本さん
          SAの平田です。主題文作成お疲れ様でした。

          確認になりますが、根拠の部分で「処理能力が低い」もしくは「処理能力の必要性」という部分を出したいということでよろしいでしょうか?
          そうであれば、三角ロジックとしてはOKでしょう。ただし根拠の部分のデータを探すのが少し難しいかもしれません。あくまで根拠は客観的事実や数字を用いるのが原則なので、上に書いたような「処理能力が低い」というデータかもしくは「処理能力の高さが社会として必要とされている」のようなデータを持ってこれたら良いでしょう。
          その他分からないことがあれば、授業中お気軽に声をかけてください!

        • #1967
          授業用
          参加者

          理想の大学生活を送るにあたって計画的にすごしている学生がどれほどいるかが問題になっている。やはり、大学に通っているからには様々なことを学び、人としての処理能力の上昇が最低限必要になると考えると同時に、就職してから与えられた仕事を早く処理することが求められるので、勉学と何か別のことを両立することが非常に有効な手段だと、主張する。なぜならば、同時進行することにより、計画的に行動する能力がつき、それに伴う基礎体力も備わるからである。

          • #1969
            授業用
            参加者

            SAの平田です。
            修正お疲れ様でした。
            これで問題ないと思いますので、そのままアウトライン作成に入ってください!

    • #1845
      授業用
      参加者

      中西 美月
      ・主題:世代別の起床時間をグラフ化すると、遅起きピークの20代前半は多くの人が大学生であること    から、時間的にルーズな生活を過ごしていることが想像できる。
      ・根拠:大学生になり、自由な時間も増えるが、自分で考えて、行動しなければならないことも増える    ので。
      ・主張:やるべきこととやりたいことをしっかり考えて、遂行することが大切であると主張する。
      ・根拠:なぜなら、自由な時間の多く取れる大学生のうちに自分で考えたくさん行動することによっ     て、将来に繋がるからだ。

      • この返信は6年、 2ヶ月前に授業用が編集しました。
      • #1913
        授業用
        参加者

        中西さん
        SAの平田です。主題文作成お疲れ様でした。
        言いたいことはよく伝わりますが、少し三角ロジックを混同しているように思われます。
        主題は主に一般論を書く部分です。今主題の部分に書かれている内容は、客観的事実や数字の要素が多いので根拠の部分に入れると良いでしょう。そして主張論拠の部分はそのままでもある程度ロジックが通るのではないでしょうか。
        根拠と論拠は別物です。よく分からなければ、遠慮なく私に聞いてみてください!

        • #1959
          授業用
          参加者

          中西さん
          少し補足すると、主題に書くのは一般論というよりは、「これから自分が書きたいことの要約」ですね。この場合は大学生の理想のあり方が問題になっている、のような、自分が論じる内容に対する「問い」を投げかけるようなイメージです。

    • #1846
      授業用
      参加者

      本多 陽花

      学生が自分のやりたいことを見つけられず、何事も受動的に行動してしまうことが問題となっている。大学生は、人生の中でも自由に使える時間が比較的多く、その分興味を持ったことにチャレンジする時間を簡単に確保することができる。様々なことをとりあえずでもやってみることによって、自分の得意分野が見えてきたり、将来やりたいことが見えてきたりするはずだ。そして、それが能動的に行動するきっかけとなると思う。だから大学生活では自分がやりたいと思ったことすべてにできる限り挑戦するべきだと主張する。

      • #1925
        授業用
        参加者

        本多さん
        SAの平田です。主題文作成おつかれさまでした!
        三角ロジックに関しては理解されているのだろうと思います。
        ただ、論拠になる部分が少し説得力が弱いかなという気もします。この文でいくと論拠は「能動的に行動するきっかけになる」になりますが、能動的に行動するとどのようなことが良いのでしょう?主題文にそのメリットを書く字数的余裕はないと思いますので、アウトライン作成の際にそこまでもう一歩踏み込んで考えてみるといいと思います。

    • #1847
      授業用
      参加者

      河村 真太郎
      主題:無責任な学生の増加が問題となっている。

      根拠:自分の直感による行動は自分のしたいこと、あるいはしたくないことなので

      主題:大学生活は直感を信じて行動するべきだ

      論拠:なぜならば自分のしたいことには責任感が伴う傾向があるので

      • #1891
        授業用
        参加者

         現在の大学生において、無責任な学生が増加していることが問題となっている。
        自分の行動に責任を持たない学生のことである。だが、自分の直感による行動というものは、
        自分のしたいこと、あるいはしたくないことなので、大学生活では自分の直感を信じて行動するべきだ。なぜなら、自分がしたいこと、すると決めたことならば責任感が伴う傾向があるからだ。

        • #1926
          授業用
          参加者

          河村さん
          SAの平田です。主題文作成おつかれさまでした!

          主張される視点としてはとても面白いのですが、少し三角ロジックを曖昧にしている感じがあります。
          根拠と論拠を混同していませんか?根拠はあくまで客観的事実や何らかの数字を載せるところです。そのデータを踏まえて私は~~だと思いました、なぜならば・・・という順番で三角ロジックを作っていきます。根拠の部分をもう一度見直してみましょう。
          また、「無責任」という言葉の定義づけも必要かもしれません。無責任な学生とは例えばどんな学生でしょうか?自分の論文なので自分の定義で大丈夫です。アウトライン作成の際は何か自分なりの定義をしてみましょう。
          何か分からないことがあれば、お気軽に平田にお声がけください!

    • #1848
      授業用
      参加者

       矢部 直紀

       大学生活で出来ていたにも関わらず、社会人になってからやりたいこと、するべきことを見つける人がいることが問題となっている。大学生活は、挑戦するにあたって、まとまった時間を確実に持っているので、社会に触れながら興味あることに挑戦するべきである。なぜなら社会人になる前に、広い視野、経験、準備が必要だからだ。

      • #1890
        授業用
        参加者

        間違えて返信してしまいました。すみません。

        • この返信は6年、 2ヶ月前に授業用が編集しました。
        • #1927
          授業用
          参加者

          矢部さん
          SAの平田です。主題文作成おつかれさまでした!

          基本的に三角ロジックの理解に関してはOKであると思われます。それ以外の部分で少し指摘を。
          主題になっている部分を、もう少しコンパクトな言い回し方をする方がいいと思われます。「大学生活で出来ていたにも関わらず、社会人になってからやりたいこと、するべきことを見つける人がいること」を否定語を用いつつ短くまとめることはできませんか?
          また、論拠の部分に抽象的な語が並んでいます。それ自体は悪いことではないのですが、「いや別に広い視野や経験はいらないよ」という社会人の方もいるかもしれません。一種の反駁ですね。これに上手く返すことができたら、さらに論理の強い三角ロジックにすることができます。

          何か分からないことがあれば、お気軽に平田まで聞いてみてください!

    • #1850
      授業用
      参加者

      馬場宥樹
       大学生活を謳歌する事は、大学生の特権である。しかし、果たすべき義務をおろそかにし、自由のみを選ぶ事は、大学生活の中で最も重視すべき点が抜け落ちていると言える。さらに、大学生活で学びのみを選ぶ事もまた、大学生活の中で学ぶべき重要な点が抜け落ちていると言える。よって遊びも勉強も共に、大学生活の中で重要視されるべきなので、義務を果たして、自由を得るべきである。なぜなら、学びからしか学べない事も勉強からしか学べない事もあるからだ。

      • #1929
        授業用
        参加者

        馬場さん
        SAの平田です。主題文作成おつかれさまでした!

        ロジックとしてはほぼ問題ありません。主張とそれを説明する論拠の部分はいいと思います。
        ひとつ言うとすれば、根拠の部分に関してもう少し「客観的事実」や「具体的な数字」の要素を入れると良いと思います。自由のみを選んでいる人がどれぐらいいるのか?その逆の人は実際にいるのか?そんな視点を持ち、根拠とすることで更に強いロジックにすることができるでしょう。

        何か分からないことがあれば、お気軽に私まで聞いてみてください!

    • #1851
      授業用
      参加者

      中島真佑子

      ・主題
      大学はこれまでの教育機関に比べ過ごし方は人によって大きく違うので、どのような大学生活を送るべきか、ということが問題になっている。
      ・根拠
      大学生は学部や何回生かにもよるが、社会人などに比べて自由に使える時間が多いので
      ・主張
      時間を有効的に使っていろいろなことに挑戦すべきだ。
      ・論拠
      なぜならいろいろなことに取り組むことでどこに就職するかという人生を左右する選択をする時、選択の幅を広げることができるから

      大学はこれまでの教育機関に比べ過ごし方は人によって大きく違うので、どのような大学生活を送るべきか、ということが問題になっている。大学生は学部や何回生かにもよるが、社会人などに比べて自由に使える時間が多いので、時間を有効的に使っていろいろなことに挑戦すべきだ。なぜならば大多数の人が進む就職という道においてどこに就職するか選択の幅を広げることができるからだ。

      • この返信は6年、 2ヶ月前に授業用が編集しました。
      • #1930
        授業用
        参加者

        中島さん
        SAの平田です。主題文作成おつかれさまでした!

        三角ロジックに関して、全く問題ないと言ってよいでしょう。根拠と論拠の違いも明確に理解されていると思われます。
        後はアウトラインを作成するにあたって、挑戦することの具体例や自由に使える時間のデータなどを探していきましょう。

        何か分からないことがあれば、お気軽に私まで聞いてみてください!

        • この返信は6年、 1ヶ月前に授業用が編集しました。
    • #1852
      授業用
      参加者

       網本陽平

      ・主題 社会人に必要なスキルを持たない大学生が多い

      ・根拠 事前に働く経験をしなければ、就職し、社会人に求められる最低限の常識、言葉遣いを学ぶ    機会が少なすぎるから

      ・主張 なので大学生のうちにアルバイトを通じて各種スキルを身につける必要がある

      ・論拠 社会に出ると、常識知らずだと恥ずかしい思いをすることや、常識は常識として既に身につ    けていると解釈され、教えてもらう機会もなく、常識知らずであることが自分の低評価に直    結するから

      • この返信は6年、 2ヶ月前に授業用が編集しました。
      • #1932
        授業用
        参加者

        網本さん
        SAの平田です。主題文作成おつかれさまでした!

        三角ロジックに関して、ほぼ問題ないと思います。
        ただひとつ指摘するとすれば、「根拠は理由を説明する場所ではない」ということにだけ注意してみてください。根拠はあくまで客観的事実や数字を提示する場所です。それを踏まえて何かを主張し、その理由を論拠で説明します。
        その形をもう一度チェックしたうえで、アウトライン作成に取り掛かってください。

        何か分からないことがあれば、お気軽に私まで聞いてみてください!

    • #1854
      授業用
      参加者

      田村知之
      主題:大学が教育の場という認識が薄くなっていることが問題となっている。
      根拠:
      主張:自分が学びたいことを学ぶべきだと主張する。
      論拠:なぜなら、大学は自分で時間割りを組むことができ、自分の興味があるものだけを履修することができるから

      • この返信は6年、 2ヶ月前に授業用が編集しました。
      • #1905
        授業用
        参加者

        田村知之
        主題:大学が教育の場という認識が薄くなっていることが問題となっている。
        根拠:大学という場所は自分の知識をさらに深めるためにある場所なので
        主張:自分が学びたいことを学ぶべきだと主張する。
        論拠:なぜなら、大学は自分で時間割りを組むことができ、自分の興味があるものだけを履修することができるから

        主題文
        現在、大学が教育の場という認識が薄くなっていることが問題となっている。大学は友達と話したりする場所でもあるが、第一に自分の知識をさらに深めるための場所でもあるので、大学生は自分が学びたいこと学ぶべきだ。なぜなら大学は自分で時間割を組め、自分の興味のある授業を自由に履修することができるからだ。

        • #1933
          授業用
          参加者

          田村さん
          SAの平田です。主題文作成おつかれさまでした!

          三角ロジックですが、根拠と論拠を混同していると思われます。
          根拠は、あくまで何らかの数字や客観的事実です。例えばこの主題なら大学に何を求めているか、というアンケート調査結果なんかでも良いかもしれません。
          その結果を踏まえて思ったことが主張、その思った理由を論拠で説明する感じです。アウトライン作成に入る前に、一度見直してみましょう。

          何か分からないことがあれば、お気軽に私まで聞いてみてください!

    • #1856
      授業用
      参加者

      嵐 沙耶香

      ・主題:理想の大学生活とはどういうものかが問題となっている
      ・根拠:多くの企業が大学生に英語力を求めているので
      ・主張:大学生のうちに海外留学を経験すべきだ
      ・論拠:なぜならば社会人になると時間的に海外留学は難しいから

      理想の大学生活とはどういうものかという問題について、私は大学生活最後の活動であり最も重要である就活を成功させることで有意義な大学生活を過ごせたと感じられると考える。
      その際に多くの企業が重要視するのが大学生の英語力である。さらに現代の大学生に最も求められているのはコミュニケーション能力であるといわれており、このことから授業などで学習して習得した英語力よりも海外留学で身につけることのできる英会話力がより必要であるといえる。

      • #1934
        授業用
        参加者

        嵐さん
        SAの平田です。主題文作成おつかれさまでした!

        三角ロジックに関して、ほぼ問題ないでしょう。
        気をつけていただきたいのは、「根拠は理由を述べる場所ではない」ということです。多くの企業が大学生に英語力を求めている、という事実があって、そこから留学に行くべきだと主張します、というのが良い流れだといえるでしょう。
        主題文に書いてくださったように、「必要な英語力」とはどういうもので、それを満たすためには留学しか方法がないんですよ、ということを明確に伝えることができれば説得力のある論文に仕上げることができると思います。

        何か分からないことがあれば、お気軽に私まで聞いてみてください!

    • #1858
      授業用
      参加者

      岡田莉奈
      主題 
      根拠 様々な人から多くのことを吸収して自分のものとするのも1つの学びの方法なので
      主張 大学生の間にできるだけ多くの人との交流を深めるべきだと思う
      論拠 なぜならば、大学生はバイトやサークルや留学、大学の授業など、自分次第で広く交流することが可能な環境にあり、そこには様々な考えをもった人がいるから 

      • #1935
        授業用
        参加者

        岡田さん
        SAの平田です。主題文作成おつかれさまでした!

        ロジックとしてはオリジナリティがあり面白いのですが、根拠と論拠を混同しているように思われます。「根拠は理由を述べる場所ではない」ということが重要です。
        根拠の部分では何らかの数字や客観的事実などを提示してみてください。そこから自分が思ったことを主張し、その理由を論拠で説明していく流れです。

        何か分からないことがあれば、お気軽に私まで聞いてみてください!

      • #1966
        授業用
        参加者

        岡田莉奈
        主題 
        根拠 大学生はバイトやサークルや留学、大学の授業など、自分次第で広く交流することが可能な環境にあり、そこには様々な考えをもった人がいる  
        主張 大学生の間にできるだけ多くの人との交流を深めるべきだと思う
        論拠 様々な人から多くのことを吸収して自分のものとするのも1つの学びの方法だから

        • #1970
          授業用
          参加者

          SAの平田です。
          修正おつかれ様でした。
          これで問題ないと思います。そのままアウトライン作成にうつってください!

    • #1860
      授業用
      参加者

      西川 奈央
      主題 大学生は勉強をすることだけが全てかどうかが問題となっている.
      根拠 大学生は高校生と比べて学業に充てる時間が少なくて時間に余裕があるので
      主張 大学生は色々なことに挑戦して楽しむべきだ
      論拠 なぜなら、社会人になると忙しくて出来ない事が多いから

      《主題文》
      今日の大学生は講義の他にもサークル活動やアルバイトなど様々なことをこなしながら日々の学生生活を送っている。一方で日本の学力低下が問題となっているが、大学生は勉強をすることだけが全てなのだろうか。大学生は高校生や社会人と比べて時間に余裕がある生活をしているので、色々なことに挑戦して楽しむべきだ。

      • #1936
        授業用
        参加者

        西川さん
        SAの平田です。主題文作成お疲れ様でした。
        三角ロジックに関して、問題ないと思います。根拠と論拠の違いも棲み分けできているでしょう。
        アウトライン作成の際はより具体的にどのようなデータを用いるかなどを考えつついきましょう!
        何か分からないことなどあれば、お気軽に平田まで聞いてください。

    • #1861
      授業用
      参加者

      関岡 大晃

      主題 現代の大学生には、将来に対して何も考えず毎日を無駄に過ごしている人が多いことが問題になっている。
      根拠 大学生活には社会人になってからより圧倒的に自由なまとまった時間が多くあるから。
      主張 理想の大学生活とは、自分のやりたいことに積極的に取り組むことである。
      論拠 なぜなら、そこでの大学時代にしかできない経験が、自分自身の視野を広げてくれるから。

      • #1894
        授業用
        参加者

        【決定版主題文】
        今日の大学生には、将来のことを考えず、毎日を無駄に過ごしている者が多いと感じる。大学生になると、これまでと比べて自由な時間が増える。確かにそれをどう使おうと個人の自由ではあるが、彼らはそれを遊びなどに使い過ぎではなかろうか?大学生活というまとまった自由時間のあるこの期間の貴重さを深く考え、時間があるからこそできることにチャレンジしていくことが重要だと私は思う。

      • #1937
        授業用
        参加者

        関岡さん
        SAの平田です。主題文作成お疲れ様でした。

        ロジックは問題ないと思います。ここからさらに細かくデータを調べ、正確かつ説得力のあるアウトラインを作っていきましょう。
        内容に関しては、どうすれば自分だけの論文にすることができるか、を考えてみてもいいかもしれません。データを探す際や論拠を述べる際に自分なりの考えをアウトプットしてみましょう。

        何か分からないことがあったら、気軽に平田に質問してください!

    • #1862
      授業用
      参加者

      中西 美月
      大学生が時間的にルーズな生活をしていることが問題となっている。大学生になると、自由な時間も増えるが自分で考えて行動しなければならないことも増える。その自由な時間の取れる大学生のうちに自分で考え、たくさん行動することによって、将来に繋がるので、大学生活の中で、やるべきこととやりたいことをしっかり考え、遂行することが大切であると主張する。

      • #1938
        授業用
        参加者

        中西さん
        SAの平田です。主題文作成お疲れ様でした!

        ロジックに関して、特に問題はないとおもいます。根拠と論拠の違いも理解されているように思います。
        これから考えることとして、「たくさん行動する」の自分なりの定義を考えるのが大切かもしれません。例えば「たくさん家でゲームをすること」は「たくさん行動する」ことになるのか?この問いに答えはありませんが、論文の中では何らかの定義をしなければなりません。そのようなことも考えつつ、アウトライン作成に向かってみてください!

        分からないことがあれば、お気軽に私に聞いてみてください!

    • #1874
      授業用
      参加者

      児玉悠
      大学生は自分から積極的に行動しないと授業以外の自分の時間を有効活用できないですごしてしまうことが問題となっている。社会人や高校生よりも自分だけに使える時間に余裕がある大学生のうちに自分のしたいこと興味があることに取り組むべきである。なぜなら、自分のしたいこと興味があることというのは興味がなくしたいと思わないことよりも真剣に取り組めると考えるからである。また自分が真剣に取り組んだことは自分のこれからの人生を豊かにすると考えるからだ。

      • #1939
        授業用
        参加者

        児玉さん
        SAの平田です。主題文作成お疲れ様でした!

        ロジックに関しては、特に問題はないと思われます。なぜならば、の文を明確に後半部分に持ってこられていますのでOKでしょう。
        ここからはより根拠や論拠を具体化させていく段階に入ります。アンテナを張り、自分なりのデータを拾ってきてみてください。

        分からないことがあれば、お気軽に私に聞いてみてください!

    • #1875
      授業用
      参加者

       辻野 百恵
      大学生は長期休暇が長く、中高生の頃のように課題もないため時間をもてあます学生がいることが問題である。学生は社会人に比べまとまった自由な時間が多い。興味のある活動に参加したりさまざまなことに挑戦することで大学生活を楽しむべきだ。なぜなら、社会人は学生より多くの責任が発生し、自由な活動ができない可能性があるから。

      • #1940
        授業用
        参加者

        辻野さん
        SAの平田です。主題文作成お疲れ様でした!

        三角ロジックに関して、特に問題はないと思います。根拠と論拠の違いも明確ですし、ロジックに筋が通っているでしょう。
        ここからさらに具体化させ、自分なりの論文をつくっていきましょう。アウトライン作成もここから応用させる形で作っていきます。

        分からないことがあれば、お気軽に私に聞いてみてください!

    • #1876
      授業用
      参加者

        平野真衣
      ・主張:言語資格を取得するなど、スキルアップに励むべきだ
      ・根拠:個人の持つ資格(特に言語等)を重視する会社が増えているという
      ・論拠:なぜなら就職活動時に自分のアピールポイントとして有利になり、会社側も能力に長けた人材を欲しがっているからだ

      【決定版の主題文】
       大学時代は社会人となるための大事な期間であり、大学生活の仕方によって自分の将来が左右されるといっても過言ではないだろう。今では就活時に学歴だけではなく、個人の持つ資格や能力を重視する会社が増えており、そのため資格の取得に励むべきだ。なぜなら、就活時に自分のアピールポイントとして活かせるうえ、会社側は他人と比べて、より能力に長けた人材を欲しているからだ。

      • この返信は6年、 2ヶ月前に授業用が編集しました。
      • #1941
        授業用
        参加者

        平野さん
        SAの平田です。主題文作成お疲れ様でした!

        ロジックに関して、特に問題はないと思われます。また根拠のデータも拾ってきやすいものになっており、おそらくこれから先も書きやすいのではないでしょうか。
        ここから先アウトライン作成に入りますが、より具体的なデータを探しつつ、自分なりの論文を作っていきましょう!

        分からないことがあれば、お気軽に私に聞いてみてください!

    • #1878
      授業用
      参加者

      長坂奈々

      就職してからではあまり自由な時間が確保できなくなる。それに比べると大学生のうちは時間を好きなように使ってしたいことができる。だから、学校のある日はしっかりと勉強し、オフの日もバイトや遊びなど自分のしたいことをして充実させ、また長期休みなどを利用して海外留学をしたりいろいろな経験をしておくべきである。なぜなら大学生は長期休みも長く自由に過ごせる時間が多いからだ。

      • #1942
        授業用
        参加者

        長坂さん
        SAの平田です。主題文作成お疲れ様でした!

        内容としてはとても面白いのですが、根拠を2回示しており、論拠が示されていない形になっています(AだからBである。なぜならAだからだ、のような形)。
        根拠はここでは「大学生は休みが多く自由時間が多い」という内容になるでしょう。だから色々な経験をするべきである。なぜ?と考えたときに頭の中で出てくる理由が論拠になります。それを踏まえもう一度論拠の部分を考えて見ましょう。

        分からないことがあれば、お気軽に私に聞いてみてください!

    • #1879
      授業用
      参加者

      網本陽平

      ・主題 社会人に必要なスキルを持たない大学生が多い

      ・根拠 事前に働く経験をしなければ、就職し、社会人に求められる最低限の常識、言葉遣いを学ぶ    機会が少なすぎるから

      ・主張 なので大学生のうちにアルバイトを通じて各種スキルを身につける必要がある

      ・論拠 社会に出ると、常識知らずだと恥ずかしい思いをすることや、常識は常識として既に身につ    けていると解釈され、教えてもらう機会もなく、常識知らずであることが自分の低評価に直    結するから

        <主題文>
       現代の大学生は社会人に必要な最低限のスキルを持っていないのではないか。就職し、社会に出たときに苦労してしまうため、大学生のうちにアルバイトを通じ必要なスキルを身につけるのが望ましい。そうしなければ就職し、社会人に求められる最低限の常識、言葉遣いを事前に学ぶ機会が少なくなるだけでなく、常識知らずだと恥ずかしい思いをすることや、常識は常識として既に身につけていると解釈され、教えてもらう機会もない。また、常識知らずであることが自分の低評価に直結するからである。

      • #1943
        授業用
        参加者

        網本さん

        SAの平田です。
        コメントは前の書き込みに対してしてしまいましたので、そちらをご覧ください。

    • #1888
      授業用
      参加者

       川内綾夏
       社会に出て、英語を使いこなせず取引先などと意思疎通が図れない社会人が問題となっている。英語は、多くの国で話されていて今後のグローバル化社会に少なからず対応でき、ビジネスの場においても自分が思っていることをちゃんと表現できるので、使えるにこしたことはない。時間に余裕のある大学生のうちに身につけておけば社会に出たとき困らないので、私は大学生のうちに英語を習得しておくべきだと主張する。

      • #1944
        授業用
        参加者

        川内さん
        SAの平田です。主題文作成お疲れ様でした!

        三角ロジックに関して、特に問題はないと思います。ただ少し根拠のボリュームが多く、論拠が少ない感じはありますが・・・。
        使えるに越したことはない、というのは自分の主観です。そのフレーズを根拠部分に入れないことをだけ念頭に置きつつ、アウトライン作成に行ってみてください。

        分からないことがあれば、お気軽に私に聞いてみてください!

    • #1889
      授業用
      参加者

      神原 明里
      主題 大学生活で充実した学生生活を送ることの難しさが問題になっている。
      主張 大学生活の多くの時間を自分のやりたいことに使う
      根拠 学生の中で一番自分のやりたいことの幅が広がり行動できるので
      論拠 なぜならば、社会人になると仕事が優先になり長期休暇をとることが難しいので海外に留学することが難しかったり、好きな時間に予定を組むことが難しいから。

      大学生活で充実した学生生活を送ることの難しさが問題となっている。
      大学生活は人生の夏休みとゆわれるほど、自分の時間がたくさんある。この多くの時間の中でいかに自分のやりたいことをみつけ行動し実行するかが難しく改めて自分を見つめなおす機会でもある。また、大学生は学生の中でもやりたい幅が増えたり高校とは違って動ける範囲や規制もなくなる。また社会人になると自分の時間を確保するのさえ難しいから。

      • #1945
        授業用
        参加者

        神原さん
        SAの平田です。主題文作成お疲れ様でした!

        三角ロジックに関しては問題ないのですが、主題文の中に「ここが主張の部分だ!」と明確に分かるような1文を加えると良いと思います。根拠と論拠のみを並べている感じになってしまっているので・・・。
        後細かくて申し訳ないですが、「ゆわれる」ではなく「いわれる」と書いてください。

        分からないことがあれば、お気軽に私に聞いてみてください!

    • #1895
      授業用
      参加者

      平石桜子

      〔主題〕大学生活をできる限り充実なものにするためには自分はいま、何を行動したらいいのか。
      〔根拠〕大学生は、高校までや社会に出てからとは違い、自分自身のために使うことのできる時間がたくさんあり、その時間を有意義な時間にすべきであるから。
      〔主張〕大学生のうちに、旅行などを通じて自分の目で世界中、日本中を見て回り、たくさんの人と出会うべきである。
      〔論拠〕現代社会には、さまざまな情報があふれかえっており、ひとつひとつの物事の真偽を自分自身で見極めて、自分の意見を持って生活していく必要がある。そのためには他人の意見や世間に出回る情報に流されずに過ごす必要があり、自分の目でできる限り多くの物事を見て経験することが大切であるから。

      〔主題文〕
      大学生活を充実させるためには何をすべきなのかが問題となっている。今までとは異なり、自分に使うことのできる時間がたくさんあるため、たくさん旅行して自分の目で世界中を見てまわるべきと考える。なぜなら、現代社会には様々な情報があふれており、それらの真偽を自分で正確に見極める際の材料を蓄えるためである。

      • #1946
        授業用
        参加者

        平石さん
        SAの平田です。主題文作成お疲れ様でした!

        三角ロジックに関して、特に問題はないと思われます。きっちり根拠と論拠の違いも理解されているのではないでしょうか。
        アウトライン作成も、主観に囚われすぎず様々なデータを見て説得力のある論文の骨子を作っていきましょう。

        分からないことがあれば、お気軽に私に聞いてみてください!

    • #1896
      授業用
      参加者

      主題 論点とする内容:大学生活をどのようにすごすのかということが問題となっている.
      •根拠 主張の裏付け:大学生活は人生の中でも自由に使える時間がたくさんあるという.
      •主張 自分の意見:大学生生活では自分のしたいことを見つけ取り組むべきだと主張する.
      ・論拠 根拠が主張の裏付けとなる理由:なぜならば 自分のしたいことを見つけると、おのずと目標が生まれ将来の自分のしたいことが見つけられるだからだ.

      《主代文》大学生活をどのようにすごすのかということが問題となっている.大学生活は人生の中でも自由に使える時間がたくさんあるという.
      •主張 自分の意見:大学生生活では自分のしたいことを見つけ取り組むべきだと主張する.
      ・論拠 根拠が主張の裏付けとなる理由:なぜならば 自分のしたいことを見つけると、おのずと目標が生まれ将来の自分のしたいことが見つけられるだからだ.

      • #1948
        授業用
        参加者

        dqs51202さん
        SAの平田です。主題文作成お疲れ様でした!

        ロジックに関して、特に問題はないと思われます。(確か僕の記憶が正しければ授業中アドバイスさせてもらいましたよね・・・?)
        強いて言うとすれば、「自分のしたいこと」と「将来の自分のしたいこと」を明確に分けながら書いていくと、書くほうも読むほうも混同せずすむので良いかもしれません。

        分からないことがあれば、お気軽に私に聞いてみてください!

    • #1897
      授業用
      参加者

      神山朝美

      主題:人生のモラトリアム期間といわれる大学生活において、その時間をどのように過ごすかが問題となっている。
      根拠:大学生は、社会人と違い長期休暇も長く、自分自身のためにに充てられる時間がたくさんあるという。
      主張:自由な時間が使える大学生のうちに自分のやりたいことや挑戦したいことに取り組むべきだ。
      論拠:なぜならば、様々な活動をして得られた経験は、これからの人生を豊にすると考えるからだ。

      主題文
      人生のモラトリアム期間といわれる大学生活において、その時間をそのように過ごすかが問題となっている。
      大学生は、社会人と違い長期休暇も長く、義務的制約も少ない。そのため、自分のためだけに充てられる時間がたくさんあるという。この自由な時間が使える大学生のうちに自分のやりたいことや挑戦したいことに取り組むべきだ。これには、学部などの専門的学びや語学などの学業面だけでなく、アルバイトやサークル活動、趣味といったものも含まれる。なぜ、このような意識が大切なのかというと、様々な活動をして得られた経験というのは大きな糧となってこれからの人生を豊かにするものだと考えるからだ。

      • #1949
        授業用
        参加者

        神山さん
        SAの平田です。主題文作成お疲れ様でした!

        ロジックに関して、特に問題はないでしょう。根拠と論拠の違いも明確にされているようです。
        アウトラインでは様々な視点からデータを集め、自分なりの論文の骨子が作れるよう頑張ってください!

        分からないことがあれば、お気軽に私に聞いてみてください!

    • #1898
      授業用
      参加者

      平石桜子 なおし版

      〔主題〕大学生活をできる限り充実なものにするためには自分はいま、何を行動したらいいのか。
      〔根拠〕大学生は、高校までや社会に出てからとは違い、自分自身のために使うことのできる時間がたくさんあり、その時間を有意義な時間にすべきであるから。
      〔主張〕大学生のうちに、旅行などを通じて自分の目で世界中、日本中を見て回り、たくさんの人と出会うべきである。
      〔論拠〕現代社会には、さまざまな情報があふれかえっており、ひとつひとつの物事の真偽を自分自身で見極めて、自分の意見を持って生活していく必要がある。そのためには他人の意見や世間に出回る情報に流されずに過ごす必要があり、自分の目でできる限り多くの物事を見て経験することが大切であるから。

      〔主題文〕
      大学生活を充実させるには何を行動したらいいのかが問題となっている。大学生は高校までとは違い、自分に投資できる時間がたくさんあるため、その時間を活用し、旅行などを通じて自分の目で世界中を見てまわるべきである。なぜなら、様々な情報があふれかえる現代社会においては、それぞれの物事の真偽を見極めた上で自分の意見を持って生活していく必要があり、そのために自分の目でできる限り多くの物事を見て判断材料を蓄積するためである。

      • #1899
        授業用
        参加者

        字数を間違って送信してしまいましたので訂正いたしました、こちらが確定版ですよろしくお願いします。
        平石

        • #1947
          授業用
          参加者

          平石さん

          平田です。確認しました。より良くなっていると思います。他のコメントは上のものをご覧ください。

    • #1900
      授業用
      参加者

      主題 論点とする内容:最後の学生生活である大学生活をどう過ごすのがよいかということが問題になっている
      根拠 主張の裏付け:大学生は時間に余裕があり、比較的自由にスケジュールを決められる
      主張 自分の意見:大学生生活では学生の間にしかできない経験をするべきだ
      論拠 根拠が主張の裏付けとなる理由:なぜならば大学生活はそれまでの学生生活よりも、またこれから社会人になった時よりも自由に使える時間があり、自分の将来の為にその時間を有効に使うことが容易である。この時間を留学や専門分野の研究などの自分のやりたいことの他に、アルバイトなどの社会経験を積むことができることに費やすことでその後の自分の人生を豊かにすることができるから。

      主題文
      大学生活をどう過ごすのがよいかということが問題になっている。それまでの生活よりも、これから社会人になった時よりも自由に使える時間があり、比較的自由に予定を決められるので、大学生生活では学生だからこそできる経験をすべきである。なぜなら、自由な時間を留学や専門分野の研究など自分のやりたいことやアルバイトなどの社会経験を積むことができるものに費やすことでその後の自分の人生を豊かにすることができると考えるからである。

      • #1903
        授業用
        参加者

        名前を書くのを忘れていました。
        松森千恵です。
        よろしくお願いします。

      • #1950
        授業用
        参加者

        松森さん
        SAの平田です。主題文作成お疲れ様でした!

        ロジックに関して、特に問題はないと思います。根拠と論拠の違いも明確にされているようです。
        アウトラインでは様々な視点からデータを集め、自分なりの論文の骨子が作れるよう頑張ってください!

        分からないことがあれば、お気軽に私に聞いてみてください!

    • #1901
      授業用
      参加者

      上山 紘輝

      現在、日本の大学では、生徒が勉学に真面目に向き合わなく、社会に出るときに苦労しているということが問題となっている。勉学は一般教養の知識を増やす、より専門的な知識を育てることができる。なので、大学では勉学にもっと励むべきである。なぜなら、こういった知識を身につけずに社会に出て苦労をしている人々の数が絶えないからだ。

      • #1951
        授業用
        参加者

        上山さん
        SAの平田です。主題文作成お疲れ様でした!

        ロジックはほぼほぼOKなのですが、論拠が根拠とほぼ同じ内容になっている気がします。自分が勉学に励むことで、自分にどのようなメリットがあるのか?その内容を論拠の部分に書いてあげると、より筋の通った文にすることができます。

        他にも分からないことがあれば、授業中お気軽に私に声をかけてください!

    • #1902
      授業用
      参加者

      吉本理沙

       大学生活は、社会に出る前の最後の成長期間であるにもかかわらず、充実した時間を過ごせていない学生が増加傾向にあることが問題となっている。大学生活では講義以外に自由時間や長期休暇が沢山あり、工夫次第で大いに有効活用できるので、留学やボランティア、アルバイトなど、ジャンルを問わず様々なことにチャレンジし、人や自然、歴史とふれあい沢山の経験を積むべきだ。なぜなら、大学生活での豊富な経験が自身を成長させ、その後の人生においてヒントや引き出しが増え、活かせることが出来るので。

      • #1952
        授業用
        参加者

        吉本さん
        SAの平田です。主題文作成お疲れ様でした!

        三角ロジックに関して、特に問題はないと思います。
        アウトラインの論拠の部分ではどこからか具体例を持ってきて言及してあげると、より説得力がますでしょう。自分だけの論文の骨子を作ってみてください。

        他にも分からないことがあれば、授業中お気軽に私に声をかけてください!

    • #1955
      授業用
      参加者

      津田奏絵
      遅くなって申し訳ありません。

      主題 論点とする内容:
      大学生活に不満足な人が多いことが問題となっている。
      根拠 主張の裏づけ:
      高校生活のほうが楽しかった、という人々が多いので
      主張 自分の意見:
      自ら主体的に動くべきだ
      論拠 根拠が主張の裏づけとなる理由:
      なぜならば大学生は自由の裁量が大きく、自ら動かなければ何も手に入らないからだ。

      大学生活は何かに打ち込むべきである。というのも、自由な時間や選択肢を持て余してなんとなく大学生活を過ごしてしまい、後悔する大学生が多いことが問題となっている。こういう大学生の多くは、高校生以下の学校生活で部活や行事、受験勉強等に打ち込んでいるからだ。大学生は時間や金銭面で高校生以下と比較すると本当に多様な選択肢を持っている。自分が何をしたいのか、何をすべきかを自覚し、打ち込めるか否かで大学生活の満足度は大きく変わると思う。ただなんとなく過ごすのではなく、まずは自ら主体的に動いて自分のやりたいことや持っている選択肢を自覚するべきだと主張する。

    • #1975
      授業用
      参加者

      藤井秀啓

      近年、就職活動の際、大学生活を自分の好きなように遊んで過ごした為に、うまく自己PRができない学生が多い。学業、部活動、アルバイトなど、自己のスキルアップにつながるものをみつけ、大学生活を通して自分自身を切磋琢磨するべきであると主張する。なぜならば、その努力が就職活動においての自己PRにつながるだけでなく、ひとりの人間としての大きな成長を見出すからだ。

32件の返信スレッドを表示中
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。