【クリップ&メモ】地方への情報流通が遅い、のではなくて東京が速すぎるのでは?


私はSNSに疲れると、休日のショッピングモールに足を運びます。ここには、Twitterやインスタグラムの中にはない、リアルな一般消費者がいるからです。

情報源: 情報ヒエラルキーのピラミッドと「もうダサい=一般化の証拠」だと思う話|加藤 綾(あやにー)|note

何らかの商売をやろう(すでにやっています)なヒト(研究者もしかり)からすれば確かにショッピングモールというのは、よい参与観察の場でありますね。SNSだと「エコー・チェンバー」とまで言わないにしろ、やはり「自分が見たいもの」ばかりなるのはそのアーキテクチャ上、仕方ないわけで、だからこそスマホを持って街へ出よう、となります。もちろんお外でスマホからSNSにばかりアクセスしても仕方ないですから、観察の記録を写真やテキストにして残しておきましょう。