【クリップ&メモ】SNSの中の「リアリティショー」あるいは作られた「リアリティ」は本物なのか?


*タイトルを修正しました。(2018.3.13)

ストーリーがドラマを飛び出し、SNSやリアルでも24時間進行していくことで、 登場人物たちの世界と現実世界との“シンクロ体験”を楽しむ新感覚ドラマ。

ソースは「【#恋チャ】第1話「ずっと一緒にいられると思っていた」|恋のはじまりは放課後のチャイムから」より。

自分たちの情報環境においてSNSがデフォルトのアーキテクチャになっている若い人たちへ向けたコンテンツ展開として観ると面白いのですが、できれば「シンクロ」するだけではなく、「インタラクティブ」に、例えば視聴者もクラスメイトとして参加し、ドラマの登場人物たちへ何らかの働きかけができれば面白いと思われますが。現状では「リアリティショー」の域を出ないわけです。 1)

[注]

  1. もちろんこれはドラマなのでフィクションであるわけですが、番組のフォーマットとして「リアリティショー」のそれを踏襲していると思います。