孤独(じゃ)な(い)ボウリング


ボウリングのスコア表

 

きょうは土曜日なので息子は在宅しているが、家にずっと居るのも何なので、妻と一緒にボウリングへ出かけていった。母子二人きりは少々味気ないので息子の友人とその母親と約束を取り付け一緒にプレイすることになったそうだ。

帰宅ご息子はいろいろ楽しかったことを話してくれたのだが、妻の方は仕事場とは異なるコミュニティに属する友人と話すことができ、大いに学びと刺激になったとのこと。ワタシはワタシでふと米国の政治学者R.D.パットナムの『孤独なボウリング』を思い出した。

この本は米国社会における社会関係資本の弱体化について、地域コミュニティで盛んに開催されてきたボウリング大会が、だんだんと衰退してきたことになぞらえて議論しているのだが、はからずも友人とのボウリングを通じ、妻は子育てににおける社会関係資本の重要さを痛感したのだった。